i-access-controli-access-controli-artwork-protectioni-automated-windowsi-barrier-freei-barriersi-bus-doorsfooi-crosswalki-emergency-calli-escalatorsi-flammablei-gatesi-guidancei-high-performance@1x-100Asset 2innovation_iconi-knowing-acti-loading-docki-low-energy-doorfooi-parkingi-pass-through-windowi-people-countingi-perimeter-protectioni-plateform-screen-doori-request-to-exiti-revolving-doori-sectional-doorAsset 3i-sliding-doorsi-swinging-doorsi-toll-gatesGroup 15i-train-doorsi-vehicle-classificationi-warehousingi-low-energy-doori-request-to-exitairporthospitalsindustrylogisticsretailArtboardempowermentAsset 1Asset 2innovationbrochureGroup 11productpassionproductsrespectAsset 3Combined ShapeteamworkArtboard@2xGroup 11whitepaperwiring-diagramsco2flexible rapidespiralsectionnelspiral rapideenergywalletArtboardfacebookinstagramlinkedintwitterwechatYouku-iconyoutubearrowarrow-redux-bigarrow-redux-toparrow-redux-toparrow-reduxarrowArtboard@2xcountrydownloadeyefile2filtergridhamburgerlanguagelistnopdfphoneplusresetsearchsubscribevideoyesArtboard@2x

あなたが別の地域から来ていることを検出しました。次のいずれかのオプションを選択ください。

ご希望の国/地域と言語を選択してください

進む
または

技術

私たちはあなたに専門的な技術サービスを提供します

50年にわたる技術的専門知識

当社の研究開発部門は、技術の限界を広げることにそのエネルギーを注いでいます。活動の成果は、設置者と利用者の双方にとって開かれたソリューションとなっています。

50年前から、BEAは検出分野に適用される技術について高く評価される権威を実現しており、同業他社からはエキスパート企業として世界的に認識されています。

laser-web

レーザー

レーザー技術は、time of flightの原理に従って機能します。センサーは、定義された方向に強い光インパルスを送信し、信号が戻ってくるまでの時間を測定します。光の速度は一定値(約300.000 km/s)であるため、この時間はセンサーと、光インパルスが最初に遭遇する物体との間の距離に正比例します。

その結果、複数のビームを複数の方向(2Dまたは3D)に送信することにより、センサーは、いつでも検出エリア内の物体の正確な位置を確認することができます。

この情報を非常に短時間で分析することにより、物体の形状、速度および方向を簡単に判断できます。

この技術は、BEA製品で使用されている最も正確で精密な方法であり、これまでにない最高レベルの安全性を提供します。

air-background-analysis-web

アクティブ赤外線:反射方式

アクティブ赤外線センサーは、定義上、明確に定義されたエリア内に赤外線を放射し、戻ってくる反射を分析するセンサーを指します。

背景分析は、常に背景を対象として動作します(例えば、センサーが床を赤外線で照らします)。この場合、センサーは1つまたは複数のエリアに光を当て、戻ってくるエネルギーを分析します。元の画像と比較して有意な差があると、検出が起動されます。

この技術は非常に感度が高く、ドアの近くの静止物体を検出する最良の方法です。レーダーセンサーと組み合わせると、多くの場合、単一の装置を使用してドアを開き(レーダー)、物体を保護する(赤外線)最良の選択肢となります。

air-background-suppression-web

アクティブ赤外線:測距方式

アクティブ赤外線センサーは、定義上、明確に定義されたエリア内に赤外線を放射し、戻ってくる反射を分析するセンサーを指します。

背景抑制は、「三角測量」の原理に基づいて機能し、センサーは放射側と受信側との間の距離を考慮して、物体までの距離を計算します。放射角度は既知であり、物体までの距離は受信側の反射スポットの位置に応じて計算できるため、反射角度が重要な要素になります(1つの長さと2つの角度がわかると、三角形を描くことができます)。

この技術では、床にカバーされていない小さなゾーンが必要で、背景の反射率の影響を受けることなく、静止物体を容易に検出できます。したがって、背景が変化する可能性がある場合に最もよく使用されています(たとえば、動くドアパネルにセンサーが固定される場合)。

radar-web

レーダー

レーダー技術は、マイクロ波技術とも呼ばれ、ドップラー効果に基づいています。

レーダーセンサーは、定義されたエリア内に特定の周波数のマイクロ波を継続的に放射します。これらのマイクロ波は、その環境内に存在するすべての物体で反射され、センサーに戻ります。

エリア内の物体が動かない場合、マイクロ波は最初のマイクロ波と同じ周波数でセンサーに戻ります。検出フィールド内で動きが生じると、マイクロ波は異なる周波数でセンサーに戻り、その結果、検出が行われます。

さらに、この技術は近付く動き(周波数の上昇)と離れる動き(周波数の低下)を区別できるため、センサーは近付くターゲットに対してのみドアを開くことができます。この機能は、「方向検出/一方向性」として知られており、ドアの開閉サイクルを減らし、エネルギーを節約します。

もっと見る
passive-infrared2-web

パッシブ赤外線

パッシブ赤外線センサーは、その視野内の物体から放射される赤外線を測定するセンサーです。

動きまたはプレゼンスは、ある温度の赤外線源(人間など)が別の温度の赤外線源(通常の環境など)の前面を通過した場合に検出されます。

パッシブ赤外線センサーは検出エリアを調整可能で、冷たい静止物体にはあまり反応しません。

長年にわたり、パッシブ赤外線技術は検出の信頼性を高めるため、レーダーおよびアクティブ赤外線技術によって置き換えられつつあります。とはいえ、パッシブ赤外線センサーが適したアプリケーションも存在しています。

wireless-web

無線制御周波数(ワイヤレス)

ワイヤレス技術は特定の無線周波数で動作する送信機と受信機を使用します。送信機は、無線周波数の交流電流をアンテナに印加し、アンテナが電波を放射します。受信機は、送信された周波数を受信し、情報を利用可能な形式に変換します。無線送信機と受信機は作動のために使用されます。

induction-loops-web

誘導ループ

誘導ループは、以下の原理に基づいています。

導電性ループは舗道内に設置され(複数の電線)、近くの電子センサーに接続されます。このセンサーは電線にエネルギーを送出し、磁界が生成されます。金属物(車両)がループ上を通過すると、磁界の特性が変化します(インダクタンスの変化)。この変化がセンサーによって検出されて、出力が発生します。

この技術の主要な利点は、金属物(車両など)と非金属物(人など)を完璧にフィルタリングできることです。とはいえ、この技術の設置と保守には大きな手間がかかり(舗道内にループがある)、市場では他の手段(レーザーまたはアクティブ赤外線ベースの製品)の使用が増加しています。

詳細 お問合せ